Yume Rakuza

次世代を担うこどもたちの「夢★デザイン」を応援する!

弁護士

弁護士

〜トラブルを解決して社会正義を実現する〜

法律の専門家として、基本的人権を守り、社会で起こる問題の解決に取り組む人です。さまざまな法的な対応を行いますが、それぞれに得意な分野があります。一般には刑事事件で被告人の弁護をするイメージが強いですが、個人や会社の間でのトラブルを扱う民事事件を中心に活躍する人が大多数です。弁護士になるには、法科大学院を修了するか予備試験に合格した後、司法試験に合格する必要があります。法律の知識はもちろんのこと、多くの資料を読んで書類を作る作業は手間や時間がかかりますので、まじめに根気よく取り組めることも重要です。

おしごとに必要なちから

弁護士

道場でやること

小学1~3年生(初級)

  • 内容未定

小学4~6年生(中級)

  • 身近で起こったトラブルの弁護を体験してみよう!
  • 当事者の利益を調整しながら、お互いが納得する結論を導きだそう!

中学生(上級)

  • 内容未定

※都合により変更となる場合がございます。

講師プロフィール

佐藤 暁子(さとう あきこ)

ことのは総合法律事務所
kotonoha-law.com

佐藤 暁子弁護士。
上智大学法学部国際関係法学科、一橋大学法科大学院を卒業後、途上国で働きたいとの思いから、弁護士をめざす。2012年に弁護士登録。はじめて住んだ海外がカンボジアだったことから、東南アジアをフィールドとして活動する。2016年には、オランダ・ハーグのInternational Institute of Social Studies 開発学修士課程(人権専攻)を修了。現在は、障害者の方の人権問題や企業が人権を尊重してビジネスを行うためのアドバイスを行っている。


道場を体験した感想

真実を突き止めることは難しかったけれど、理由を探すのが楽しかったです。

 

有罪、無罪、両方とも言い分があり、難しい事件でした。

 

自分でカードを選ぶのも難しかったです。人の弁護は大変だと思いました。しかし、最後にみんなで発表し合うのが楽しかったです。逆の意見にも納得できました。

 

証拠を見つけるのが難しかった。だけれど、証拠を見つけるのが楽しかった。

 

アニメやドラマで見てあこがれていたので、カードでそれが楽しめてよかった。将来、弁護士バッチをもらって、実際に法廷で裁判をやりたいです。

道場ギャラリー

メールを登録してイベント情報などを受け取る