Yume Rakuza

次世代を担うこどもたちの「夢★デザイン」を応援する!

航海士

航海士

航海士〜大海原を越えて人やモノを運ぶ〜

船を運航させるためのさまざまな仕事をする人です。航海中は、船の位置の確認をしながら、天気や海の状況を的確に把握することが重要となります。双眼鏡やレーダーを使いながら、ほかの船と衝突しないように速度や航路をコントロールします。基本的には、船長のもと複数の航海士が乗船し、交代しながら24時間体制で働きます。乗客や貨物の安全を守るため、責任感や判断力、冷静さが求められます。また、海上での生活は何ヶ月も続きますので、体力や精神力も必要です。

おしごとに必要なちから

航海士

道場でやること

小学1~3年生(初級)

  • 内容未定

小学4~6年生(中級)

  • 「航海士」のおしごとを知ろう!
  • 海図に自分だけの航海計画を立ててみよう!
  • 船長としてシュミレーターで船を操縦してみよう!

中学生(上級)

  • 内容未定

※都合により変更となる場合がございます。

講師プロフィール

日本郵船株式会社(にほんゆうせん)

www.nyk.com

日本郵船1885年創業の海運会社。海上輸送を中心とした総合物流事業を世界中に展開している。エネルギーから食料品まで、さまざまな貨物を運び人々の生活を支えながら、安全・確実な物運びを通じて持続可能な社会の実現に取り組んでいる。また、こどもたちに海の重要性と船員の魅力を伝える活動も行っている。


道場を体験した感想

今回のおしごと体験で、航海士のたいへんさがよくわかりました。航路の書き方、運転の仕方、船はすぐには曲がれないこと、たくさん知ることができました。ほかにも、日本の航路が一番難しいことや、この仕事に入ると世界を旅できること、いろいろなことが知れて楽しかったです。

 

実際に船を操作できたのが楽しかったです。夜になったり、雨が降ったり、霧が出たりといろいろあったが、特に夜がわかりづらかった。航海士はこんなに難しい仕事をしていてすごいと思った。

 

知らなかったことをたくさん知りました。船を運転したときは、夜になるととても怖いということがわかりました。そして、英語は大切ということがわかりました。楽しかったです。

道場ギャラリー

メールを登録してイベント情報などを受け取る