Yume Rakuza

次世代を担うこどもたちの「夢★デザイン」を応援する!

ラジオ番組制作

ラジオ番組制作

〜身近な話題や音楽を電波にのせる〜

ラジオ番組を企画して、制作する人です。ディレクターやほかのスタッフ、パーソナリティーなどの出演者が一緒になって、番組の企画・構成から、番組内で流す曲の選曲などを行います。本番では、ディレクターがパーソナリティーに指示を出します。番組によっては、録音後にテープの編集も行う場合もあります。ラジオ番組は少人数で制作することが多いため、一人が複数の仕事を行なっています。番組によって、ラジオ局の社員や制作会社のスタッフ、フリーランスがディレクターを担当しています。

おしごとに必要なちから

ラジオ番組制作

道場でやること

対 象:小学生以上

  • 「ラジオ」とはどういったものか?
  • ラジオ番組を作るおしごととは?
  • ラジオ番組の内容を考えてみよう!
  • 実際にミニ番組を放送してみよう!

※都合により変更となる場合がございます。

講師プロフィール

渋谷のラジオ(しぶやのらじお)

shiburadi.com

渋谷のラジオ渋谷のコミュニティFM。渋谷区内および近辺であれば、FMラジオ(87.6 MHz)で聴くことができる。また、スマホやタブレットに専用アプリをインストールすると、全国でも聴くことができる。「渋谷のラジオ」の番組は、そのほとんどが独自制作の生放送を中心としたプログラム。番組を制作するボランティアディレクターは、中学生から60代の方までが活躍している。渋谷に縁のあるアーティストや俳優、文化人だけでなく、渋谷区に暮らす一般のさまざまな方々もパーソナリティとなり、オリジナリティ溢れる番組を多彩に発信している。


道場を体験した感想

私は今日はじめてやってみましたが、とても楽しかったです。またいつかやってみたいと思いました。あと今度、ラジオを聞いてみたいです。

 

今までは、放送委員なんぞむりむりむり〜!と思ってたけど、あっ入ってみよっかな?と思った。ラジオパーソナリティーになってみたいと思った。

 

少し失敗してしまったけれど、とても楽しかったです。5年生になったら放送委員会に入りたいです。ラジオディレクターの楽しさや難しさを知れてよかったです。春が楽しみ〜♪

 

ディレクターってこんなおしごとしてがんばっているんだと思った。私も将来の夢をめざしてがんばりたいです。

 

緊張したり、途中で怖くなったりしたけど、思ったより楽しかったです。

 

大人になったら、人前でしゃべったり、映画に出たいので、しゃべる練習になりました。

 

自分で考えた文を自分で言ってラジオを作ったり、友だちと交代で役をやったりしたのが楽しかった。またやりたいです。

 

ディレクターで指示をするのがとても緊張しました。でも、楽しかったです。

メールを登録してイベント情報などを受け取る